第2話 盟約を結びし者、召魂獣第2話 盟約を結びし者、召魂獣

by海産物・とよだたつき

4コマ漫画

一つ言っておくが、俺はバトルでは戦わないからな。
えっ・・・!?なんで? 君、主人公でしょうよ。戦いなよ。
戦うのは、俺と契約を交わした召魂獣達なのだぜ。
へぇ・・・
この世界の過去に生きた英霊達が俺の為に働いてくれるってわけさ。
現世でまた働かされちゃうんだね・・・

世界観紹介!

プロデューサーズメッセージ

最近のスマートフォンのゲームで気になっていたのは、
ゲームの機能と世界観が分離してしまっていることでした。

 「これはガチャですよ、でもゲームとは関係ありません」

というのは納得できなかったのです。わかりやすく伝えるのは大事ですが、世界観が重要なRPGであれば、そこもこだわってガチャを世界に、物語に組み込みたかったのです。
 この世界ではアパティアと呼ばれる、眠りについた神が覚めた時に力を得るべく 強い力を持った魂を保管するための場所として用意した神代の遺物があります。アパティアは神輝石と呼ばれる石に蓄積された特殊な魔力を注ぐことによって保管されている魂と盟約を結ぶ(召魂と呼びます)ことができ、アパティアに選ばれる魂は、歴史の英雄、天使や悪魔、神獣など神に選ばれた強い魂です。

プレイヤーである貴方は召魂士として、多くの霊を使役して戦いに赴くことになります。

 英雄の魂そのものは常にアパティアに保管されていて、召魂士が呼び出すのはその写し身(コピー)なので、盟約を結ぶ際、同じキャラクターが何度も召魂されたりもします(笑)ただ、同じキャラクターでもその力を重ねて覚醒させることができるので、むしろ同じキャラクターがほしいと思う人が多くなると思います。

 キャラクターたちは過去に仲間だったり、恋人だったり、宿敵だったり、
様々な関係性を持っています。ぜひすべてのキャラクターを集めて、育てて、
ブレオデの世界の歴史の謎を解き明かして欲しいです!

2016年7月25日高田誠

PREV